RAYQUAL sα-X Mount Adapter review01
f0122262_221141100.jpg


   
  
Fuji X-E1+MINOLTA AF100-200/4.5
RAYQUAL sα-X Mount Adapter
1/250  F6.3位 ISO400  -0.3補正   
DR100%
Filmsimulation monochrome+Ye
2014 Winter







X-E1の画質がすっかり気に入ってしまいました。
等倍表示だとそんなに解像していると感じないのに、ちょっと引いて見たりプリントしてみたりすると
素晴らしい解像感、立体感、階調性を見せてくれます。
そう、フィルムととても良く似ているんです。(さすがフィルムメーカーです)
変な輪郭強調はしていないし、ローパスも無いせいかレンズの味がそのまま出る感じなので、
純正レンズ(ものすごく良く写ります)の他、ヤシコンツァイスなどをつけても楽しめました。

こうなるといろいろなレンズを試したくなります。
ヤシコンの他に防湿庫にあるのはニコンF、ペンタK、ミノルタ/SONYαの3種
1番本数が多いのはミノルタ/SONYαです。
という訳でRAYQUAL製のsα-X Mount Adapterを購入しました。

これで古いミノルタαレンズから最新のSONYレンズ(Aマウント)が使えます。
アダプターのリング操作で絞り値のコントロールも可能です。
造りはさすがの日本製で、精度も強度もかなり高そうな感じです。

で、まずは必要性をもっとも感じていた望遠系のレンズを試しました。
ボディとのバランスを考慮してチョイスしたのは、ミノルタ製の100-200mmズームです。
換算焦点距離は150-300ミリとちょうど欲しいレンジだし、F値は4.5固定で使いやすいはず。
ちなみにジャンク価格1600円の30年くらい前の廉価ズームです(笑)
このレンズが使い物になるなら、他のレンズも実力的にほぼ大丈夫なはずです。

さて、その結果ですが、、、

大きさ重さはちょうど良く、ちょっと見では純正のズームにも見えます。
画質は開放ではやや甘く、1段絞って実用可、2段絞るとかなりイイ感じで解像します。
ボケはごく普通。歪曲はほとんど気になりません。
最短撮影距離は1.9mとお笑いレベルですが、時代を考えるとこんなものでしょう。
階調の出方になんとなく「ミノルタの味」を感じるのは気のせいでしょうか(笑)

総じて「工夫次第で作品用にも使えなくはない」という感じです。
プラナー85mmと組み合わせて持ち出すのに良さそうですね。


by PHOTO-YARD | 2014-02-08 22:57 | Review | Comments(0)
<< RAYQUAL sα-X Mo... Portfolio 021 >>