Piece of memory 047
f0122262_22142372.jpg



   
  
Fuji X-E1+CarlZeiss Distagon 2.8/12 Touit
1/450  F16 ISO800  -0.3補正   
DR400%
Filmsimulation monochrome+Ye
2014 spring








以前にも書きましたが、Touit2.8/12は光を選ぶレンズのように感じます。
良く言えばヌケが良くモダンな描写のレンズですが、
ちょっとでも適当に撮るとトーンがスコーンと抜け、薄っぺらい描写になることも。
ヤシコンZeissのようなコクや渋いトーンは意識しないと撮れません。

ただ写し込む情報量はとても多いので、丁寧に光を拾い、
解像よりトーンを重視して撮影&現像すると、繊細ないい画を出してくれます。


by PHOTO-YARD | 2014-05-05 22:16 | Piece of memory | Comments(0)
<< Piece of memory... Piece of memory... >>