CarlZeiss Planar 1.4/50 MMJ Review 001
f0122262_20371425.jpg




Fuji X-E1+CarlZeiss Planar 1.4/50 MMJ
1/2400  F2.8 ISO800 -0.3補正
DR400%
Filmsimulation PRO Neg.Hi
2015 spring






マクロプラナー100/2.8とプラナー85/1.4
どちらもいいレンズですが、2本同時持ち出しはかなり辛い。

とは言えマクロプラナーだけだと焦点距離が望遠過ぎるし
ボケもやや固めで背景を選びます。

またプラナー85/1.4はボケは最高ですがイマイチ寄れません。
どうしてもマクロ系のレンズが欲しくなります。

で、悩んだ末の結論が、、、
マクロプラナー100/2.8とプラナー50/1.4のAチーム
プラナー85/1.4とミノルタAFマクロ50/3.5のBチーム
という組み合わせ。
どちらのチームもなんとか持ち出す気になる重さの範囲で、
焦点距離、ボケ、近接撮影の3つをカバーできるハズです。
重量級のメインレンズを補佐する軽量級のサブレンズがキモです。

Aチームの中望遠域&ボケ担当となるのがプラナー50/1.4MMJ。
久し振りに使ってみると、軽いしボケるし色が乗る、、とかなりイイ感じ。

ただ開放1.4ではボケが意外と乱れるのと、露出がイマイチ安定しないのも感じました。
解像や立体感も含めると、一般風景撮影ではF2-2.8位が好みですね。




by PHOTO-YARD | 2015-06-06 21:13 | Review | Comments(0)
<< Piece of memory... Piece of memory... >>