Portfolio 047
f0122262_21345016.jpg



Fuji X-E1+CarlZeiss Jena Flektogon 2.4/35
1/38  F2.4 ISO800 +0.3補正
DR200%
Filmsimulation monochrome+Ye
2017 spring






このレンズは切なさが写る気がする。


by PHOTO-YARD | 2017-06-09 21:42 | Portfolio | Comments(4)
Commented by 0909-bulan at 2017-06-09 23:05
shouさん、こんばんは。
>このレンズは切なさが写る気がする。

 素敵なコピーですね!
Commented by PHOTO-YARD at 2017-06-10 22:08
0909-bulan さん、コメントありがとうございます。
いろいろなレンズを使っていると、本当にこのレンズには何かあるんじゃないか?
と、思えるレンズに出会います。

恐らくは思い込みなのでしょうけど、、、

個人的には東ドイツのレンズには、切なさとか儚さが写るような気がしています。
アルミと真鍮とガラスにも記憶があるのかも知れません。

                   Shou


Commented by film-gasoline at 2017-06-13 23:14
こんばんは、フィルガソです^^
蕩けるような素敵な描写ですね♪
↑本当にこのレンズには何かあるんじゃないか?
と、思えるレンズ・・・
そのお気持ちよくわかります。
私も東欧のレンズに切なさとか儚さを感じて手放せません^^;
Commented by PHOTO-YARD at 2017-06-14 02:25
film-gasolineさん、コメントありがとうございます。
このレンズはスペック的には地味なんですが、写る雰囲気が何となく違うんです。
東ドイツが抱えた歴史的な哀しさや重さみたいなものが、底の方に沈んでいるような気がしています。

そういえば車も同じかも知れませんね。
僕も一応外車(中古)乗りですが、いろいろな部分に設計思想の差と言うか、哲学の違いを感じます。
民族の背負った「何か」が違うのでしょうね。
<< Piece of memory... Mental scenery 035 >>